不動産売却に関する情報が満載!

不動産の売却後にかかる費用

不動産の売却後にかかる費用 不動産の売却後にかかる費用としては、固定資産税・都市計画税をまだ支払っていないならば、そのコストがかかります。
しかし、買主から日割り計算で固定資産税・都市計画税の分はもらっているはずなので、そのお金を使えば問題はないでしょう。間違って新しい住宅の頭金などに使ってしまわないように気をつけておきましょう。
不動産会社に支払う仲介手数料については、契約時に半分を支払い、決済がされた時に残りの半分を支払うというようになっていることが多いでしょう。
基本的には、その他にコストはかかりません。しかし、譲渡所得が発生している場合には、高額な税金がかかってしまうことがあります。
基本的には、建物は購入時よりもかなり安く売れてしまいますので、減価償却費を差し引いても、譲渡所得はマイナスになるケースが多いでしょう。
しかし、親からもらったかなり古い住宅の場合などには、譲渡所得税がかかることもあります。マイホームの3,000万円控除の特例などもありますので、しっかりと調べておきましょう。

不動産のその他の費用

不動産のその他の費用 マンションやオフィスを借りる時に、不動産会社に支払う代表的な費用は、敷金と礼金と仲介手数料です。
特に最近では業者の競争も激しくなっているので、仲介手数料が不要のケースも増えています。
更に賃貸オーナーも経営努力に意欲的になっており、入居時の諸費用が割安な物件も多いです。
そして賃貸物件に入居した場合には、月々の賃料に加えて管理費を支払うのが一般的です。
しかし賃貸物件に入居し続ける場合や、契約が満了になって退去する場合には、その他の費用も必要です。
特に代表的な費用としては、退去時の原状回復作業の料金があり、オフィスを引き払う場合の代表的な支出です。
またアパートやマンションに入居する場合には、退去時の費用について、不動産会社と確認する必要もあります。
カギの交換やハウスクリーニングの費用が中心であり、総額は2万円から5万円の間です。
更に設備を破損した場合には、退去時に入居者が修理費用の実費を負担します。