不動産売却に関する情報が満載!

不動産売却時にかかる経費

不動産売却時にかかる経費 不動産を売却するときにかかる経費は想定していた金額以上に高くなり、手元に残るお金が少ないと驚くこともあるので、何に対してどれくらいの費用がかかるのか正しく把握しましょう。
不動産売却時に必要になる費用として仲介手数料 印紙代があります。
日本の法律では仲介手数料の上限が決められています。
売買金額が200万円以下の場合、売却額に5%と消費税8%を足した金額です。
200万円以上で400万円以下の金額の場合、 売却額に4%と消費税8%を足した金額です。
400万円を以上の金額の場合は 売却額に3%と消費税8%足した金額になります。
これらの仲介手数料はあくまでも上限なので、必ずしもこの金額を支払う必要はないので値下げ交渉は可能です。
また不動産売買契約書に貼る収入印紙代も必要になります。
収入印紙代は仲介手数料と比べると比較的安価で、売買金額により異なりますが、100万円以上500万円の場合だと1000円です。
他にも、不動産売買成立時に払う必要はありませんが、売却し利益が出ていれば、金額に応じて税金を支払う義務が発生します。

不動産売却時の損切りの目安

不動産売却時の損切りの目安 不動産の売却をする時に損切りするタイミングがわからないと迷う人も少なくありません。
はっきりいうと明確な目安というものはありません。
自分自身が判断する事なので自分が決めた時にすればよいです。
しかし中々その判断が出来ない場合は、前もってそのタイミングを決めておく事がおすすめです。
ではどのような目安があるのかというと、まず損失額を決めておくという事です。
不動産を購入してからここまで下がってしまったら損切りすると決めておけば被害も最小限に済ます事が出来ます。
また、あらかじめ所有する期間を決めておき、期間が経過したら必ず売却すると決めておけばこれも被害を小さくできます。
他にも損失率をみて判断するという方法もあります。
例えば所有している不動産が10%以上下がったら売却すると決めておく事で、躊躇なく判断する事が出来ます。
他にも、自分の予想や思惑が外れた時点で損切りをするという事も悪くありません。
不動産自体の価値は上がったが、予想ほどではなかった場合などは、今後も自分の予想に反して価格が変わる可能性もありますので、その場合は一気に判断したほうが大怪我はしなくてすみます。