売却代金にかかる税金と固定資産税

不動産の売却代金にかかる税金について

不動産の売却代金にかかる税金について 不動産の売却をする際には、所得税や固定資産税などの支払いが必要となるケースがあるため、税理士や公認会計士などの専門家にきちんと相談をすることが求められます。
また、税金の支払い額に関しては、素人にとって分かりにくいことが多いとされ、早いうちから信頼のおける情報源を見つけることがおすすめです。
不動産の処分のタイミングに関しては、大手の業者においてわかりやすく説明してくれることがあるため、少しでも知りたいことがあれば、積極的に問い合わせをすることが望ましいといえます。
最近では、税金の支払い額に関するシミュレーションについて、多方面のメディアで紹介されるようになっており、空き時間を使いながら、役立つ知識を身につけることが良いでしょう。
もしも、色々なタイプの不動産の活用術について知りたいことがあれば、まずは同年代の人々のアドバイスを参考にすることによって、何時でも安心して行動を取ることが可能となります。

不動産の売却価格は固定資産税の評価額よりも高くなります

不動産の売却価格は固定資産税の評価額よりも高くなります 不動産を売却するときに、どの程度の価格になるのか気になるところです。
ここで、不動産には4つの価格があり、一般的に実勢価格(売却価格)、公示地価、路線価(相続税評価額)、固定資産税評価額の順に安くなります。
実勢価格とは実際に売買する価格であり、売主と買主の双方で交渉して決まるものなので、周辺の相場や需要の影響を受けます。
公示地価は国土交通省が毎年発表する土地の評価額であり、土地の取引を行う際の基準になります。路線価は公示地価の8割程度が目安になるもので、相続税や贈与税の基準になります。
固定資産税評価額は公示地価の7割程度が目安になります。
このように実勢価格に関してはその他の評価額と直接的な関係性はありません。
需要によって実勢価格が公示地価を下回ってしまうケースもありますが、固定資産税評価額はそれよりもさらに低いため、よほど売却したい不動産に需要がなく、すぐに売却するために値下げをするなどしない限りはこれを下回ることはないでしょう。